スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の営みとしての、体と食

整体ライフスクールのセミナーでは、私たちの農場のお米(20年来無農薬)と野菜を使い、参加の方たちで、食事を作ります。

農場は長年、EM農法とシュタイナーの種まきカレンダーに沿って野菜を作っています。エネルギーの高い、勢いある野菜がとれます。
食べた人たちは、味の濃いみずみずしい季節にそった新鮮な野菜に喜び、満たされます。

本来のお米や野菜の味を知ることは健康の原点です。


長年のEM農法で、農場の野菜、お米、ワラから放射能は検出されませんでした。
やはり 長い間の自然の営みの力は大きいと思いました。

人間の体も同じです。

食も健康も環境も平和の問題もすべて一つです。

私たちの農場は、長年農薬を一切入れていません。

私たちの体は、長年薬を飲んでいません。

土にも体にも壮大な自然の営み、治る力があります。

地球にとって原発は最も不自然です。
すべてを破壊してしまいます。

調和の取れた元々の地球の姿に戻るしかないと思っています。
スポンサーサイト
プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来41年、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。