スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林を守る活動のつながり

宮下さん 奈央さんのブログ掲載用写真 
「森林の会」の代表、宮下正次さんが、11月にお亡くなりになりました。

最期の時まで森と自然を守ることに、全力で取り組み、命をがけで日本中、世界中を駆け巡り伝え続けることで、多くの人々に影響を与え、様々な活動を展開してきました。

私たちの畑でも、毎年炭焼き教室をして、植林も共に行ってきました。

森林が健康でなければ人類は生きられないのです。

2007年出版の私の著書、「女性のためじぶんで治る整体法」(野村奈央)ソニーマガジンズ の中に、森林の会との植林について書いたものがあります。
ここにご紹介させていただきます。


ブナ一本の保水量は10トン

ふと赤城山の木々や畑を見ると、緑が濃くみずみずしく、とても喜んでいるように感じます。梅雨の雨が、やがて、私たちの命の元である水になってくれるのです。素晴らしいことだと思います。
 私たちはこの数年、「森林の会」(やまのかい)の皆さんととともに、ブナの植林を続けています。日本大学農学部の学生さんたちが、キャンプをしながらブナの種を拾い、6~7年かけて育てた苗木を植えるのです。
 そのブナが大きな木に生長すると、一本木の保水量が10トンにもあるといわれています。このブナの植林は、未来への光や希望につながっています。
 今、赤城山は酸性雨によって、松は茶色に枯れ、そのほかの森の木々も驚くほど弱っています。こんな森では、私たちの未来の水はどうなってしまうのでしょうか。その対策として、「森林の会」の方たちと一緒に、やはりこの数年、森に炭をまいています。すると、90パーセント近く枯れていた松が、新芽を出し始めたのです。不毛の地と言われた、栃木県の元足尾銅山近辺でも、炭をまくことによって緑がよみがえってきています。
 ブナを植林し、炭をまき続ける市民の願いが、やがて日本、世界に広がっていったら、どれほど多くの森が戻ってくることでしょう。
 未来に希望が持てるように、いのちの流れに沿って、「森林を守る運動」がもっと広がっていったらと切に願っています。          

(以上、上記書籍より抜粋)


死によって、私たちは全生ということを学びます。

輝いて生ききることを残して下さった方々は、今も生きているのです。



スポンサーサイト
プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来41年、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。