スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 桜の季節となりました。    

 今年の66歳の誕生日は、地震、津波、原発、実際の行動、大転換期を日本と人類は迎えました。
他人事でいた日本人がどうめざめ、行動するかです。

 地震大国に54基の原発を作ってしまいました。
福島は、チェルノブイリと同じ、危険レベル7になってしまいましたが、実際はそれ以上です。
 45年前に核の問題を知り、ホピの予言は25年、もんじゅは20年、浜岡は10年、関わってきましたが、多くの人々は無関心でした。
 今こそ、原発からクリーンエネルギーへの転換です。「国の理想と憲法 」(野村昇平著)の本の方向へ進む時です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来41年、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。