fc2ブログ

3.11から13年の今

テレビを観ていましたら、1月の地震で石川県の何代も続く酒蔵が被害を受けたところに、13年前に東北で壊滅した酒蔵の人が駆けつけます。
当時、全国から駆けつけてくれた同業者たちの助けと応援で復興は無理かとの絶望から立ち直れた恩返しにと、今度は石川県の酒蔵を助けたいと必死でした。
ちょうど次の日にしぼる予定だったところに地震が起きたそうですが、1トンのお酒を宮城に運び、
何とか商品化までこぎつけることが出来ました。

どんなに嬉しかったかと、涙が出ました。
人と人が助け合う、絶望のどん底を味わったからこそ人の痛みがわかり人の身になれる。
人間の力はスゴイと思いました。

川内村で花屋をしている女性は大阪出身です。
一緒に花屋に勤めていた川内村出身の友人と、震災後現地を訪れた時の友人の余りに悲しむ姿に、そこで花屋を開こうと決意しました。

7年前に開店した花屋さんは地元の高校卒業式に全員にブーケを作って贈ります。
皆に喜ばれ、会うと元気になると言われていました。
美しい花のような天使のような心を持った人だと感動しました。

日本人が脈々と持っていた心。
明治時代に東北を歩いて何て素晴らしい国だと感動したイギリス人女性イザベラバード「日本奥地紀行」の本を思い出しました。
日本人の、人の身になり、人を思いやる心が復活する時代が来たのではないかと感じています。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア