fc2ブログ

自然農法と地球の未来

テレビで久しぶりに自然農法の提唱者、福岡正信先生の番組を観ました。

50年以上前、まだ昇平先生が大学院時代のときに関わっていた柏樹社から「わら一本の革命」が出版されました。
今では数十か国の言語で出版され、また福岡先生の実践は世界中に自然農法のすばらしさを伝え、大きな影響を与えています。

最初に日本語から英文に翻訳した友人のKさんは、今も自然農を続け、若い人達に伝え続けてきています。

27年前、スペインから来日したGさんは我が家に泊まった時、福岡先生の英語のDVDに大きな衝撃を受け、帰国して福岡先生を自費でスペインにお呼びして大学で講演を行いました。
Gさんは世界的な靴メーカーの重役で、環境省も動かして、今では財団を作りそこで自然農や種子の保存、植林活動を広めています。

今回の番組では、福岡さんのお弟子さんであるギリシャのPさんの所に福岡先生のお孫さんが訪れます。
Pさんは20代の時に愛媛の福岡先生の農園で学び、福岡先生が最も信頼していた一人です。

お孫さんは福岡先生の着ていたという作務衣を手渡してPさんは、「私の宝物です」と大変喜ばれました。
そして自然の無限の力、一人一人の無限の力にゆだねることの大切さをお孫さんに語ります。
素晴らしい深い感動でした。

オレンジ収穫量が世界一だったフロリダは、今では長年の大量農薬で弱った木が一面枯れ果てて、多くの農家の離農している光景がありました。
しかしそこでも福岡先生の自然農を取り入れた農園では、何年もの時間と手間をかけ自然の営みが回復し、草の生い茂る中にみずみずしいオレンジが鈴なりになっています。

今こそ農薬まみれの現代農業から、自然農に沿った農法で、地球の豊かさが蘇る時代だと心から思います。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア