スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空の下で

今年も残り少なくなりました。

クリスマスを迎え思い出されるのは、
学生時代に塾(学生寮)の聖歌隊として、星空の下、母校玉川学園で歌ってまわったことです

最初は学長の家で、「もろびとこぞりて」を歌いますと、学長がランプを手に、「メリークリスマス!」と声をかけて下さいます。
次に牧師さんの家、先生がたの家と順番にまわります。
ご父兄の家では、外にテーブルを出して待っていてくれて、美味しい紅茶やクッキーをご馳走になりました。

美しい歌声が星空の下、広大なキャンパスや森、周囲の住宅地にまで響きわたり、まるで物語の世界のように感じました。
美しい思い出として、私の人生の財産になっています。

玉川学園では毎年12月、上野の文化会館でベートーベンの[第九]と「ハレルヤ」の演奏を行ない、私もを歌っていましたが、
指揮者は、歴史にも残る、近衛秀麿氏でした。

最近のNHKのテレビで、近衛氏が、ヨーロッパ、アメリカも含め、世界の音楽界にとって、そして指揮者として、大変優れた特別な方であったということ、そして戦争中に、多くのユダヤ人の命を救ったということを知りました。

その頃の私は、どのような方なのかということも、全く知らずに、ただ歌っていましたが、今になって思うと、本当に素晴らしい、めったにない機会に恵まれていたのです。

近衛氏の、自由な精神を貫く生き方を改めて知り、その凄まじい生き方に感動を覚えるとともに、学生時代に出会えた奇跡に、深い感謝の心が湧いてきました。



スポンサーサイト

コメント

No title

何十年たっても思い出す素敵なクリスマス。読んでいる私も情景が浮かびます。一息が染み渡るような言動や行動は後世にも伝わっていくことを大事な年末に教えていただきありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来41年、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。