スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大転換の時代

 福島の原発の問題は、まだまだ油断できない状態が続いていますが、放射能を怖がるあまり、心と体を硬くして、免疫系統を弱めていませんか?
 食事はしっかり、お味噌汁やひじきやワカメ、コブ、発酵食品をとることが大事です。日本の伝統食には知恵があります。

 野口整体では、盲腸は放射能の処理、胸椎7番は白血球など、血液系統の働きを高めます。胸椎9番肝臓に関係し、毒素の排出を促してくれます。体に備わった生きる力を高め、後頭部、下腹をしっかり手当てし、元気に乗り切りましょう。

 たしかに、赤ちゃんや子供には放射能の影響が大きいです。
お母さんの生きる力をしっかり高め、お子さんに天心の手当てをして、心身を前向きに、愉快な心が大切です。怖がったり、しょげている暇はありません。

 そして、日本の、世界の脱原発、そしてクリーンエネルギーへの転換の機運を高めましょう。
今こそ、お母さんたちのパワーの時代です。
 明治維新の時のような、150年に一度の大転換の時代です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

野村奈央

Author:野村奈央
1945年群馬県生まれ。玉川大学卒業後、野口整体の創始者、野口晴哉氏と出会い、最悪の健康状態から回復。以来41年、整体を研究、実践している。「整体ライフスクール」主宰、指導を続けている。現在は赤城山山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による稲作、ブナの植林など通じ環境問題にも取り組む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。